肥満を予防するには意図的にゆっくり食べて満腹中枢が高まるまで我慢をするという方法があります。

食事にかける時間を長くすることによって、肥満を予防するというやり方は、特別な器具や技術を必要とせず、すぐにでも開始できます。

よく噛んで食べることを常日頃から目指して、食事の時間が長くなるようにします。

肥満の予防法としては、取り組みやすく、難しくないので、誰でもできる点が長所です。

前提として、食事の時間は延ばしても、食事の量は多くせず、噛んで食べるほうの時間を長くすることです。

量を多くせず、食事時間は長くして、お腹がいっぱいになる感覚を待つということが必要です。

そうすると、食事をしてから一定時間が経つと、徐々に満腹中枢が高まってきます。

食事を摂る量があまり多くなくても、食べ始めてからの時間経過や、しっかり噛んで食べたことによって、満腹中枢は信号を出します。

食べている量があまり多くなくても、食事をスタートしてから20分ぐらいたてば、徐々に満腹感が得られます。

人間の食欲は、食事を開始してから20分くらいたって満腹を実感できるようになると、最初の空腹感が徐々におさまってきます。

ついカロリーオーバーの食事を摂ってしまって体重増加が気になるという人は肥満予防がお勧めです。

効果的な方法で肥満を予防したいと思っているなら、食事時間を見直してみることです。