減量に取り組んでいる人は少なくありませんが、体脂肪をきちんと減らせているかどうかは別問題です。

一見すると減量がうまくいっているように見えて、体重は落ちてはいるものの、体脂肪率はむしろ増えているというケースも少なからずあります。

ダイエットをしっかりして減量に成功しても体脂肪率が落ちないのには、体脂肪というのは単なる皮下脂肪ではないからなのです。

減量をするとまず落ちてくるのは皮下脂肪であり、これは食べる量を減らしたりすれば案外簡単に落ちていきます。

内臓脂肪は、臓器の周囲に蓄積されている脂肪のことです。

皮下脂肪と違って、カロリー制限をしても燃焼を促すことができない脂肪だといいます。

ちょっとしか食べない生活を送っていても、脂肪の減少にはつながりません。

食べ過ぎないようにすることはもちろん大事ですが、筋トレや有酸素運動など、代謝を高め体脂肪を燃やすことも減量では必要です。

体脂肪を効率的に燃やせる運動を続けることが、減量効果を高めるためには重要です。

また女性の場合には、体脂肪は内臓よりもむしろ太ももやお尻といった下半身に集中してついてきやすいものです。

その場合も一般的な減量方法では体脂肪を落としにくいので、有酸素運動を取り入れることが必要です。

ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を、毎日1時間ずつ続けることで、減量効果が期待できます。

即効性のある減量方法でないほうがむしろ体にはいいので、少しずつ体重を減らしていきながら、ボディバランスを調整しましょう。