洗顔用石鹸を手のひらで泡立て、手のひらに乗るくらいの泡で顔を洗いましょう。

スキンケアの基本は洗顔です。

洗顔をすることで、まず、皮膚や毛穴の汚れを取り除き、清潔にします。

人間の毛穴は意外と深くまであり、皮脂汚れは奧のほうで固まっていることもありますので、表面を撫でるように洗うだけでは汚れは取れません。

毛穴に汚れが詰まったままになっていると、毛穴の黒ずみやニキビや吹き出ものができる原因になってしまうので、正しい洗顔は必要不可欠です。

お肌を美しい状態にしておくには、洗顔ケアの内容がポイントになります。

顔を洗う時に、石鹸を濡れた手でちょっと撫でて、手についた石鹸成分で直接顔をゴシゴシ洗うという方法は、毛穴の深いところまで石鹸の成分が届きません。

泡立てネットや、手のひらの上で石鹸をしっかり泡立て、大きめの泡をつくってから洗顔をします。

十分な量の泡ができたら、手のひらで直接顔を触らないようにして、泡を顔の上に塗り伸ばしましょう。

顔を洗う時は手が顔に直接触れないようにて、泡をクルクルと回しながら顔全体をマッサージしていくと汚れの除去がしやすくなります。

泡の上からマッサージをするようにしているだけで石鹸の泡成分は次第に毛穴の奥の方へ浸透していき、毛穴の汚れを包み込んで洗い流してくれるのです。

どんな洗顔のやり方が顔の皮膚にいい効果があるかを認識し、きちんと実行することが、顔の皮膚を整えるためには役に立ちます。

天然の原材料からつくられた、オーガニックの石鹸を使えば、肌への負担も軽減できます。