化粧のノリが良くないのは、毛穴が開いてしまっているからという場合があります。

毛穴のポツポツが目立つのは、洗顔がきちんとできていないためです。

毛穴はもともと常に皮脂分泌をしているので脂分がたまりやすいことに加えて、女性の場合は毎日ファンデーションなどを使うので毛穴はいつもふさがった状態になってしまうのです。

皮膚の汚れがいつまでもこびりついていると肌トラブルの原因になりますので、帰宅後の洗顔で顔をきれいにしましょう。

毛穴の奥に詰まった汚れが固まってしまうと、洗浄力の強い洗顔石鹸を使っていても、汚れが落としきれないことがあります。

皮脂汚れや、メイク汚れが毛穴を埋めてしまい、洗顔でうまく除去できない状態が続くと、油分が酸素と結びついて黒ずみ固くなる上に、雑菌が増えやすくなって肌トラブルを引き起こしたりします。

毛穴の深い部分に入り込んだまま凝り固まった汚れを除去するには、電動で動く洗顔用のブラシで顔面のマッサージを行うといいでしょう。

電動ブラシで洗顔をする時には、洗顔石鹸を手のひらで十分に泡立てて、きめ細かな泡をつくって顔に塗りたくりましょう。

顔と洗顔ブラシにたっぷりの泡を乗せて、泡の上からブラシを当てるだけで、毛穴の奥まで泡が入り込み、しっかりと汚れを落とすことができるのです。

毛穴の奥に留まっていた汚れを取り除き、毛穴に汚れが詰まっていないツルツルのお肌を目指しましょう。

適切な洗顔を行うことで毛穴汚れを取り除き、にきびもできにくお肌になることが可能です。

洗顔石鹸を用いて顔を洗う時には、専用の洗顔ブラシを上手に使って、毛穴の汚れも取り除くようにしてください。