体重が悩みの種だと感じている女性は、たくさんいるといいます。

きれいになるためには体重を減らすことが最善の手段だと考えて、ダイエットを実行する人もいます。

ですが、実は体重よりも全身のバランスがどうであるかの方が大切なのです。

健康維持を考える上でも痩せすぎはよくありません。

また、最適な体重は、その人その人で全く違うものになります。

体重はさほどでもないけれど体脂肪率は高い人、見た目はスリムでも体重は多い人など、色々な人がいます。

隠れ肥満の人は、外見で肥満とはわかりません。

女性の中には、それほど体重があるように見えなくても、身体計測をしてみたら体脂肪の割合が標準より高くなっているケースもあります。

女性の体重が増えると、余剰のぜい肉は皮下脂肪になって太もも、お尻、お腹の辺りに貯め込まれることがあります。

年齢を重ねてくると代謝が落ちて、脂肪を蓄えやすい体質になり、体脂肪率も上昇していく傾向にあります。

見た目を気にするならダイエットが必要な時もありますが、体脂肪率が多くなりすぎてしないことにも関心を持って、日頃から把握に努めましょう。

体重が増えた、減ったと一つ一つをきにするのではなく、体脂肪も確認して体調をチェックするといいでしょう。

あまり体重の増減気にしすぎずに、日々の食事内容や、運動の習慣を構築してコツコツと続けて行うことで、結果的にボディメーキングが可能です。