体脂肪というのは体に占める脂肪の割合なので、自分が太っているかどうかを客観的に知ることができる点ではとても便利なスケールになります。

体脂肪と体重は必ずしも比例するものではなく、体脂肪が多くても体重は平均という人もたくさんいます。

外見的にはどちらかというと痩せているように見える人でも、体脂肪の蓄積量が多いという方もいるようです。

見た目だけで、その人の体脂肪を判断することは簡単ではありません。

体脂肪率は、家庭で使用が可能な体重計にもついている場合がありますが、必ずしも正しい数値が出るとは限らないというデメリットも指摘されています。

自分の体脂肪率について正しい数字を知りたいという人は、病院にある器機を使って計測してもらったほうがいいでしょう。

計測によって分かった体脂肪率が高いという場合には、まずは減量することから始めましょう。

減量、つまりダイエットですが、体重が減らせても体脂肪は思ったよりも落ちないものなのです。

減量を行う時に大事なことは、一朝一夕で効果を出そうとせず、長く構えて根気よく続けることです。

一見して減量がうまくいったように見えても、体重ばかりが減っていて、体脂肪はあまり減っていないこともあります。

減量を行って、体重を落とすという目標は達成しつつあるものの、体脂肪率はほとんど減っていないということもあります。

体脂肪を減らすためには、適度な筋トレをして筋肉を増強し、代謝のいい体になることで減量効果を高めることです。