ハリのあるしっとりとした肌を維持するには、ヒアルロン酸とコラーゲンが両方とも必要です。

混同されがちですが、個々に機能が違っています。

スキンケア用品にコラーゲンやヒアルロン酸が配合されている目的は、肌の保湿力を保つためです。

コラーゲンは皮膚に直接つける時は保湿のために行っていますし、ヒアルロン酸も水分が肌から失われないように使うことが一般的です。

サプリメントなどで美肌成分を補給することで、肌の保湿に役立てるという方法もあります。

口から有効成分を取り入れられるように、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを使っている人もいます。

ヒアルロン酸をサプリメントなどで摂取をすると、肌の水分量が高まることが期待できます。

サプリメントでヒアルロン酸を体内に取り入れられれば、その日の食事がヒアルロン酸が少ないものになっても問題ありません。

低分子化されたコラーゲンペプチドのサプリメントなら、従来のコラーゲンのように胃腸で消化吸収される心配なく、美肌効果を高める効果が得られるといいます。

口から取り入れたコラーゲンペプチドが、皮膚のコラーゲン生成を助けるのは、コラーゲンをつくる繊維芽細胞の働きを高めるからのようです。

サプリメントでコラーゲンペプチドを体内に取り入れることで、保湿成分であるコラーゲンの増加を促せるわけです。

もしもコラーゲンのサプリメントを選ぶなら、高分子のままのコラーゲンでなく、低分子状態にしてあるコラーゲンを選択してください。

ヒアルロン酸やコラーゲンの美容成分としての特徴や働きを理解することで、より効率よく利用することができるようになります。