無添加の基礎化粧品を使ってスキンケアをすることは、美肌づくりの基本となります。

化粧品の品質を維持するために役立つ添加物でも、皮膚に浸透させると体にとってはあまりよくないことがあります。

基礎化粧品に使われている添加物は色々なものがあり、着色料や、香料、パラペンなどが入っていると、肌を傷める場合があります。

基礎化粧品は毎日のお肌のお手入れに欠かせないスキンケア製品ですから、長い年月使用を続けているとこれらの合成化学成分は肌を傷めてしまうことが考えられます。

無添加の基礎化粧品を選ぶことで肌への悪影響を減らすことが可能です。

無添加の基礎化粧品は、お肌に与える刺激は最小限ですから、敏感肌の人でも安心して使い続けることができます。

ですが、無添加を謳っている基礎化粧品は絶対に安心ということではありません。

添加物が入っていないと傷みやすい可能性がありますので、防腐剤不使用である場合は、速やかに使い終わることが大事です。

開封後の基礎化粧品は、空気に触れて酸化や腐敗が進みますので、色や香りが変わったり、品質が変化したりします。

ですから、もしも防腐剤も含まれていないような完全無添加の化粧品を使う場合には、早めに使い切るようにしましょう。

基礎化粧品の中には、封を開けたら品質の劣化を防ぐために冷蔵庫の中に入れておく必要があるというものもあります。

無添加化粧品は取り扱いには多少の面倒がありますが、お肌のことを一番に考えると一番おすすめできる化粧品です。