効果的な育毛シャンプーの使い方をすることで、髪と地肌の健康を促進することが可能です。

育毛シャンプーで洗髪をする場合、漠然と髪を洗ったからといって効果を発揮するというものではありません。

まず、育毛シャンプーを使用する前には、必ず髪の毛全体をシャワーでしっかりと洗い流してあげるようにしましょう。

洗髪前に水で髪を洗うことは、意外と重要です。

皮脂汚れや、ふけなどの汚れは、シャンプーを使わずとも洗い落とせます。

髪に皮脂成分を含んだ汚れがまとわりついているままでは、育毛シャンプーの育毛効果も半減してしまいます。

皮脂汚れが頭皮に残っている状態で育毛シャンプーを使うと汚れ落ち効果も半減しますし、頭皮に育毛成分が届かなくなります。

次に、泡立てスポンジを使ったり、手のひらでシャンプー剤を泡立てて、髪を洗うための泡を手のひらいっぱいにつくります。

シャンプーに含まれている育毛成分を頭皮の隅々にまでつけるには、直接髪につけるより、一旦泡立てたほうが広げやすくなります。

泡を頭皮に優しくつけていくようにして、今度は指の腹を使ってゆっくりと頭皮をマッサージするようにしながら洗い上げていきます。

爪先でこすると地肌に傷がついてしまい、抜け毛を促進する結果になってしまいかねません。

シャワーで泡を洗い流す時は、隅々までまんべんなく、しっかりと行います。

わずかでも泡が髪に残っていると、ヘアトラブルの原因になります。

薄毛を防ぎ、抜け毛の少ない頭髪になるためにも、頭に合う方法で育毛シャンプーを用いたヘアケアを続ける必要があります。