肌の保湿効果を高めるために使う美容クリームには、ヒアルロン酸やコラーゲンがよく配合されています。

ヒアルロン酸と、コラーゲンはどちらも肌の保湿に役立つと言われていますが、両者の違いはどこにあるのでしょう。

ヒアルロン酸は何と言っても、驚異的な保水力を持っていることが最大の特徴です。

皮膚の奥にある真皮層という部分にヒアルロン酸は存在していますが、ここで水分を保持し続けることで、しっとりとした肌でいることが可能になります。

肌がカラカラに乾かずに、しっとりとしていられるのは、ヒアルロン酸があるからです。

水分をキープする効果については、コラーゲンは、ヒアルロン酸ほど持っていません。

肌を構成する細胞と細胞の間をつなぐ働きを担っているものがコラーゲンです。

コラーゲンがあることで、肌はハリを保っていられます。

ヒアルロン酸が水分をキープし、コラーゲンが水分の蒸発を防ぎつつ肌のハリを維持しています。

どちらの成分も、健康的な肌でいるためには重要なものといえます。

どちらの成分も美肌効果を上げるためにとても重要な役割をしていることがわかります。

ヒアルロン酸だけ、あるいはコラーゲンだけで若々しい肌であり続けることは難しいということができるでしょう。

お肌のことを考えると、コラーゲンも、ヒアルロン酸も不足していない肌であり続けることを重視することが、美肌効果につながることになります。

お肌の深部にまで、ヒアルロン酸とコラーゲンが行き渡るようにしっかりとスキンケアを施すことが、美肌ケアにつながります。